腰痛の予防をしよう!姿勢の改善と運動で予防ができる

正しい姿勢で過ごすことを心掛ける

腰痛は姿勢が悪くなっていることで起きる可能性があります。猫背や背もたれに寄り掛かるような座り方で長時間過ごしていると腰痛が発症しやすいでしょう。このような状況を回避するには日頃から正しい姿勢で過ごすことを心掛ける必要があります。正しい姿勢で過ごしていると背中の筋肉が痛くなってくる場合もあるので、そのような状況では背中にタオルやクッションを入れておくのがオススメです。長時間のデスクワークは体への負担が大きいため、定期的に休憩を入れて体を動かすようにするのも重要でしょう。定期的に体を動かすことで筋肉がほぐされて肩こりや腰痛が緩和する可能性が高いです。

運動することで腰痛を予防する

腰痛は運動不足でも発症する可能性があります。毎日ランニングを行うだけでも体の筋肉が動かされるので腰痛の予防に繋がります。ランニングのような激しい運動は難しいという人はウォーキングでも問題ありません。普段運動を行わない人には歩くだけでも効果が得られるでしょう。さらに予防を徹底したい人はトレーニングを行うのもオススメです。腹筋や背筋が衰えている状況でも腰痛を発症するケースが考えられます。毎日腹筋や背筋のトレーニングを行うだけでも筋肉を強化できるので、腰痛のリスクを軽減できるでしょう。また腹筋と背筋はセットで行うことが重要です。腹筋だけを行っていると背中や腰の筋肉は鍛えられず、痛めてしまう可能性もあるでしょう。腹筋と背筋を同時に鍛えたい場合はスクワットを行うのが効果的です。

腰痛 注射は血流を改善したり患部の痛みを和らげる効果があり、薬やマッサージが効かないという場合に用いられています。