医療レーザー脱毛は毛の周期を知ることが大事

使用するレーザーはサロンと医療機関で異なる

脱毛にはいくつかの方法がありますが、代表的なものとしてレーザー脱毛があります。レーザーを照射することでムダ毛を処理するというものです。レーザー脱毛で使用するレーザーには種類があります。サロンで使用するレーザーと医療機関で使用するレーザーです。このうち、脱毛の効果を高めたい場合は医療機関で受けることをおすすめします。

医療レーザー脱毛が優れていること

医療機関で受ける脱毛を医療レーザー脱毛と言います。使用するレーザーが医療の現場で使用するものであり、取り扱う医師も専門の資格を有しているので威力が強いことが特徴です。つまり、確実な効果を期待することができます。ただ、体毛は一定の周期で生え変わることから、その周期に合わせて照射することがポイントであると言えます。

毛の周期を知ることが効果を高める

毛の周期には成長期、退行期、休止期があり、一定のサイクルで変わっていきます。レーザー脱毛を受けるときに大事なことは、毛の周期が成長期であることです。成長期ではないときにレーザーを照射しても効果がありません。そのことから、医療機関においてすぐにレーザー照射をして効果が必ず現れるかはわからないことになります。いつ成長期となっているかを判断することが難しいので、実際に照射をして一定期間あけて効果を見てから判断することになります。そのため、レーザー脱毛では一度の照射で終わるのではなく、複数回の照射が必要となります。そのため、複数回の照射をセットとして行う医療機関もあります。

クリニックで行う医療レーザー脱毛は、強い出力の光を当てる事が出来るので短期間で脱毛出来ます。永久脱毛が出来るので、施術が終了すれば二度とムダ毛が生えてこないというメリットがあります。