どうしても寝れない!睡眠不足はどうしたら改善できるのか

寝付けない理由と対策方法

どうしても寝付けない方は、その理由を考えてみましょう。仕事のストレスや不安感によって考えこんでしまう癖があったり、生活習慣が不規則で睡眠リズムが乱れている場合があります。まずはすぐに寝付けない理由を細かく分析し必要であれば生活習慣の改善や寝る前に考えこまないように改善することが大切です。不安を感じている部分をノートへ書き出し、改善するための手段も書き込みます。寝る前にどうしても不安が襲ってきたときは、そのノートを見ることで、頭の中で考えても改善策はノートに書いてあるから大丈夫だと認識をする癖をつけましょう。年齢によるホルモンバランスの乱れや寝ている最中に何度も起きてしまう場合は、ホルモンの分泌量を適正にするための睡眠サプリや食事または病院で処方される薬を服用するなど対策をとることも大切です。

質のいい睡眠を得るためには

質のいい睡眠とは、適正な睡眠時間の確保や夜中に何度も起きずに朝まで寝ていられる状態のことです。睡眠ホルモンのメラトニンは、眠りにつきたいと感じているときに分泌され眠気を起こします。ここで重要なのは、眠気を起こすためには副交感真剣が正常に働くためにリラックスができる状態を作ることです。メラトニンが分泌されていても興奮状態を維持していると副交感神経ではなく交感神経が優位になってしまいます。この2つの神経は自律神経ともいわれ、日中の活動時間は交感神経が活躍し、食事後やリラックスしているときは副交感神経が働くなど、時間帯やタイミングで活躍する神経が異なります。そのため、睡眠をしっかりととりたい方は、睡眠サプリを服用したり、寝る前の携帯ゲームや緊張感が出てしまうことを避けるなどの工夫をしましょう。

さまざまな種類の睡眠サプリが市販されているため、どれを選べばいいか迷ってしまう方もいるでしょう。そのような場合には、実際に利用している方の評判を参考にして選ぶのも1っつの手です。