それぞれの目的に応じて足を運びたい!歯医者の違い

見た目と歯の深い関わり

虫歯はないけれど歯の黄ばみや並びが気になることってありますよね。歯医者の中でも審美歯科は患者さんの美容にこだわって治療してくれる場所です。例えば審美歯科に足を運べば歯並びを整えるために歯を抜いて、インプラントを挿してもらえるのです。一般的な歯科は治療する上で機能性を最も重視していますから、見た目を考えて口内を整えたい人は審美歯科に行きましょう。

歯並びと体調にも関連がある

歯並びがズレていると口に入れた食べ物をきちんと咀嚼できません。それによって胃腸を悪くしてしまったり頭痛が始まったりすることもあるのです。歪んでいる歯並びや噛み合わせを治したい時は、矯正歯科に行くと良いでしょう。矯正歯科では矯正器具を使って歯を正常な位置に戻してもらえます。
矯正歯科には多様な矯正器具がありますので、金属ブランケットでは見た目が気になるという場合は目立たない審美ブランケットを選択すると良いでしょう。

子供が安心して通える場所

一般的な歯科でも子供の治療を受け付けていますが、十八歳以下の子供は小児歯科に通ったほうが安心です。子供は大人と違って歯も顎も未発達ですから、同じように削る治療をした場合は成長を阻害することがあります。小児歯科ではできるだけ子供の歯を削らない方向で治療を進めてくれるため身体に優しいのです。
また小児歯科は幼児が安心して治療を受けられる環境が整っているのが魅力的ですよね。治療を怖がっている子供のために、絵本やアニメDVDを用意している小児歯科は少なくありません。

従来の歯医者はすぐ削る事をしますが、鎌ヶ谷の歯医者はなるべく削らずに、患者さんの負担にならないように治療します。