全ての歯を失っても大丈夫!オールオン4の実力

オールオン4で快適な生活を

インプラント治療は歯を失ったときに噛み合わせを維持するために行う治療のひとつです。一部の歯を失ったときだけでなく、全ての歯を失ったときにも治療可能です。ただ、全ての歯を失ったときに、ひとつひとつインプラントを埋め込んでいては治療費もかさみますし、体力も消耗します。そのため、片顎あたり、最小4本のインプラントで支えることができるインプラントがあり、これをオールオン4と呼びます。これまでは歯を全て失った場合には総入れ歯をしていましたが、違和感を感じることがあったり、しっかりと噛むことができないといった問題点がありました。オールオン4であれば、インプラント治療であることから、顎の骨に固定されるので違和感なく生活することができます。

長持ちさせるためのポイント

オールオン4は4本のインプラントで片顎を支えることから埋め込む位置や角度が重要な要素となります。そのため、治療にあたっては医療機器を使用して検査を行います。顎の骨に埋め込むことから、顎の骨の強度や埋め込む位置の血管や神経がどのように通っているかなどの確認が行われます。埋め込む手術については日帰りで行うことができます。インプラントを埋め込んだその日に人工の歯を取り付けることができるので、日常生活に与える影響も最小限とすることができます。人工の歯なので虫歯になることは基本的にはありませんが、周囲の歯茎に炎症を起こす可能性があります。そのため定期的な検診の受診と、丁寧な歯磨きが長持ちさせるためのポイントと言えます。

インプラント治療は数回に渡って歯科クリニックに通う必要があります。杉並区で行うインプラント治療なら通いやすく、信頼できるクリニックも多いので、安心して通院することができます。