固いものが再び噛めるように!インプラントの優れた技術

インプラントとはどういう意味か

普及し始めたのが1990年代と歴史が浅いにも関わらず、義歯治療の分野で高い評価を得ているのがインプラント治療です。
インプラントとはもともと人工関節やペースメーカーなど医療目的で人体に装着する人工物全般を指す言葉ですが、義歯治療においては人工歯根のことを言います。歯根とは歯茎の中の骨に埋まっている部分、つまり歯の土台になる部分です。インプラント治療はその名称からも分かる通り、この人工歯根の存在が治療の要となります。

従来の義歯は顎の力が伝わりにくい

インプラント治療が登場する以前の義歯治療と言えば、入れ歯もしくはブリッジが主流でした。この2つの治療法は、いずれも装着した義歯が「浮いている」という点で共通していました。入れ歯の場合は金具や樹脂製のバンドのようなものを用いて近くの歯に引っ掛ける形で、ブリッジの場合は両隣の歯を削って金属を「橋」のように渡し、その中間にぶら下げるよう形で義歯を取り付けていました。
この結果、従来の義歯は天然の歯に比べると噛む力がかなり劣ることとなり、「入れ歯にすると固いものが食べられなくなる」といった課題がありました。

天然の歯に劣らぬ噛み味

一方、インプラント治療においては、チタンなどの非常に丈夫な金属でできた人工歯根を顎の骨に直接埋め込み、その上に義歯を取り付けます。
人工歯根は時間が経つにつれて生体組織にしっかり固着するので、ものを噛んでも容易にぐらついたりするようなことがなく、天然の歯に近い使用感が得られます。そのため、インプラントは「第二の永久歯」などと呼ばれたりすることもあります。

三鷹のインプラントを行っている歯医者で、技能に優れている所がいくつかあります。インプラントは歯医者の技術によって良し悪しが決まりますので、慎重に調べて決めましょう。