磨き残しにさようなら!歯科で学ぶ歯磨きのこと

正しい歯磨き方法を知る

歯科というと虫歯になったときに治療するために行くというイメージですが、それだけでなく、虫歯にならないために予防することも歯科の重要な役割です。虫歯になる原因にはさまざまなものがありますが、その原因のひとつが間違った歯磨きです。歯科においては正しい歯磨きの方法を教えてくれます。その通りにすることで磨き残しを減らすことができ、虫歯になるリスクを下げることができます。歯磨きで重要なことは歯ぐきとの隙間を重点的に磨くことです。歯ぐきとの隙間にはどうしてもごみが溜まりやすくなります。それをそのままにしておくと虫歯の原因になることはもちろん、歯周病の原因にもなります。また、歯ブラシを定期的に交換することも大事です。毛先が開いてくると交換ということが言われていますが、歯ブラシは使用していくうちに取り切れない雑菌が付着していきます。衛生面を考えて1か月に1回がひとつの目安と言われています。

歯間ブラシを使って鬼に金棒

歯磨きを徹底しているのに虫歯になってしまったという経験がある人も多いはずです。そんな人が見落としているポイントが歯と歯の間、すなわち歯間です。歯と歯の間は歯磨きでも磨き残しが発生しやすい部位です。そこから虫歯になっていくというケースがあります。それを防ぐために歯間ブラシを使用する方法があります。歯間ブラシは細い形状をしており歯と歯の間をこするようにすると歯の間の食べ残しなどを取り除くことができます。普段の歯磨きに加えて歯間ブラシを取り入れれば、磨き残しをしっかりと減らすことができます。

根管治療とは虫歯の治療方法です。歯の中には根管という所がありますが、虫歯による感染が根管まで進行している場合に必要になる治療方法です。根管まで感染が進行している場合は早期に治療しないといけません。