白い歯にできる!?審美歯科の特別な治療法

歯を白くできる審美歯科

虫歯などの歯の問題は一般的な、歯科を利用すれば問題を解決できます。しかし黄ばみなどの見た目の問題は、特別な所を利用しないと良くできません。審美歯科ではそのような治療を受けられるので、美容対策をしたい方に向いています。
歯を白くする方法では特別な液体を使い、内部に染み込んでいる成分を取出します。黄ばみの原因になるのはお茶に含まれる成分や、タバコなので治療を受ければ治せます。審美歯科の施設で受ける方法もありますが、自宅でも利用できるため治しやすいです。
このような治療は保険は使えないので、全額負担になる点は注意がいります。定期的に利用する場合は大きな支払いになるため、料金の確認はしておくべきでしょう。審美歯科で受けられる治療は効果が高く、見た目のよい歯に変えたい時に効果的です。

最新技術を使ったセレック治療

歯の見た目では黄ばみの問題もありますが、被せ物が目立つトラブルも存在します。良く使われるのは銀歯などの金属を使った方法で、光に反射するため困ります。セラミックを使ったものに取り替えれば対応できますが、施術に時間がかかるため簡単ではありません。
短時間で歯の見た目を良くできる方法としては、セレック治療と呼ばれるやり方があります。この方法はセラミックの被せ物を使うのですが、短時間で終わるため負担が軽いです。一時間程度で必要な被せ物のパーツを作れるため、何度も通う必要がなく楽に問題を治せます。
虫歯の治療で使われる銀歯は見た目が良くないですが、セレック治療を使えば対応できます。セラミックの被せ物に短時間で交換できるため、歯を白く見せたい方に向いています。

セレック治療の特徴は、歯のセラミック製の詰め物をコンピューターで作成する点です。人件費が抑制できるぶん治療費が安く、治療期間も短期間で済み、コストパフォーマンスに優れています。